秋保謹製

ドライフルーツ・乾燥野菜 リンゴのドライフルーツはダイエット向き 2024.2.20

  • HOME

  • BLOG

  • リンゴのドライフルーツはダイエット向き

  • リンゴのドライフルーツはダイエット向き

BLUE BLUEBERRY FARMで作っているドライフルーツは、できる限り農薬や化学肥料を使わずに栽培された果物や野菜を材料に使い、それを砂糖や添加物を加えずに乾燥しています。それが美味しさと楽しむことと健康に繋がると考えています。ダイエットをしているとどうしても甘いものを食べたくなってしまいます。そんなときに、甘さを味わいながら、でも、カロリーや糖分を気にせず食べられる食品、それがドライフルーツです。

とくにリンゴのドライフルーツは栄養豊富であるだけでなく、その栄養素の効能がダイエットに向いている食品です。リンゴの特徴や栄養素などを中心にご紹介しますのでぜひ参考にしてください。最後の方にリンゴのドライフルーツとその材料をのリンゴを作った農家さんのご紹介もありますので、ぜひ読んでみてください。

砂糖不使用のリンゴのドライフルーツがダイエットに向いている理由は栄養成分の豊富さにあります。リンゴは低カロリーでありながら、食物繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。食物繊維は消化を助け、満腹感を促進し、腸内の健康を手助けしてくれます。特にペクチンは、脂肪や糖の吸収を遅らせる働きがあり、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。ペクチンはリンゴだけでなく、レモン、オレンジなどの柑橘類やバナナに多く含まれる天然の多糖類で、植物細胞をつなぎ合わせる働きをします。

砂糖不使用のリンゴのドライフルーツがダイエットに向いている理由

  1. 低GI値(グリセミックインデックス):リンゴは食事をした後の血糖値の上昇率を表す指標のGI値が低い果物で消化がゆっくり行われます。そのため、血糖値の急激な上昇を抑えます。これにより、満腹感を持続させ、空腹感を抑制し、食事の間の間食を減らすのに役立ちます。
  2. 低カロリー・低脂質:ダイエットでカロリーと脂質は気になるところです。果物の中でリンゴは低カロリー、低脂質と言われていますが、他の果物と比較してみました。
    リンゴのカロリーは1個(約250g)あたり140kcal。含まれる糖質量は、1個(約250g)あたり31.3gです。
    これを他の果物と比べてみました。梨や桃よりは高いですが、日常よく食べられているバナナの約半分のカロリーであることがわかります。

    カロリー比較(100gあたり)

    果物 カロリー
    リンゴ 56kcal
    バナナ 93kcal
    38kcal
    63kcal
    キウイフルーツ(黄) 63kcal
    38kcal
    ブドウ(巨峰) 69kcal

    出典:文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)

     

  3. 水溶性食物繊維の豊富さ:リンゴに含まれる水溶性食物繊維ペクチンは、水に溶けるとゼリー状に固まるので、便秘のときは便をやわらかくして排便をうながし、下痢のときはゼリー状の膜になって腸を守ります。また、ペクチンは皮に多く含まれているので皮ごと食べるのがお勧めです。
  4. 栄養バランス:リンゴはビタミンやミネラルが豊富であり、特にビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれています。これらの栄養素は、免疫力の向上や細胞の健康維持に役立ちます。

    栄養素と効能

    栄養素 効能
    カリウム  ナトリウム(塩分)を体外に排出し、血圧の上昇を防ぐ
    リンゴ酸 貧血の予防に効果が期待できる
    ビタミンC 体の酸化を防ぎ、鉄分の吸収を高る
    ポリフェノール 動脈硬化や花粉症、アトピー性皮膚炎などを抑える作用がある
    食物繊維 食後のコレステロールの吸収や、血糖値の急激な上昇を抑える作用がある

    出典:農林水産省「aff(あふ)最新号 18年10月号

 

ドライフルーツには砂糖漬けと砂糖不使用がある

砂糖不使用のドライフルーツは、砂糖漬けのドライフルーツと比べてカロリーが低く、砂糖の摂取量も少ないです。そのため、カロリーコントロールを意識する方にとって、より良い選択肢となります。
また、砂糖不使用のドライフルーツには果物そのものの自然な甘みがありますが、砂糖漬けのドライフルーツは砂糖で漬け込まれているため、確かに甘味を多く感じますが、砂糖の摂取量が高くなります。砂糖の過剰摂取は健康リスクを引き起こす可能性があるので、ダイエットなど健康を意識した食生活を送りたい方にとっては、砂糖不使用のドライフルーツがお勧めです。
さらに、砂糖漬けのドライフルーツには添加物や保存料が含まれることがありますが、砂糖不使用のドライフルーツは自然な状態で加工されているため、余分な添加物を避けることができます。

砂糖不使用のリンゴのドライフルーツはダイエットにおすすめの食品です

砂糖不使用のリンゴのドライフルーツは、健康的なダイエットをしたい方にとって良い選択肢です。ただし、何ごとも行き過ぎはよくありませんので、摂取量には注意が必要で、適切な量を守りながら食べることが重要です。

BLUE BLUEBERRY FARMの砂糖不使用のリンゴのドライフルーツはこちらから
結城果樹園さんが樹上完熟させた甘いリンゴのドライフルーツ

宮城県亘理町の結城果樹園さんのリンゴの特徴は、甘さがぎゅっと詰まっていること。“樹上完熟”していることが、甘さの秘密です。一度もいでしまったリンゴの実は追熟しません。つまり、もぐまでの期間が長いリンゴのほうが、完熟に近づきます。他の地域のリンゴが凍らないうちに急いで収穫されている間も、暖かな気候と海風に恵まれた結城果樹園のリンゴは、甘さを蓄えています。

結城果樹園さんのご紹介はこちらから
結城果樹園さんのURL https://www.instagram.com/yukiorchard/

おぐらやま農場さんが信州安曇野の地で肥料・農薬に頼らず育てた、高い栄養価が凝縮されたドライリンゴ

長野県安曇野市のおぐらやま農場さんは肥料・農薬に頼らない農業を目指し「農場が地球環境の改善に役立つ道はあるはず」と模索するなかで「道法スタイル」という無肥料栽培に出合いました。肥料が自然環境に与える影響の大きさを目の当たりにし、まずは肥料をやめることで、徐々に農薬も必要なくなる術を知りました。体にいいと環境にいいと美味しいは共存します。まずは味わって、考えてみて欲しい。松村さんの作るりんごは自身が持っている本来の力で甘くなり、酸っぱくなり、素直な味が食べる人に感動を呼びます。

おぐらやま農場さんのご紹介はこちらから
おぐらやま農場さんのURL https://www.ogurayamashop.com/